未分類

ストレスホルモン「コルチゾール」はむくみの天敵!?

人はストレスと感じると「コルチゾール」というストレスホルモンを分泌します。コルチゾールは、身体に危機を感じた時に力を出す為の非常ボタンスイッチのようなものです。体内の炭水化物・脂質・タンパク質の代謝を制御するホルモンです。

ストレスから身体を守るために、体内の代謝が下がり、うまく代謝されない水分などが溜まりやすくなります。コスチゾールはストレスを感じると緊急事態と判断して、筋肉やたんぱく質を削って糖を生成する働きがあるため、結果として筋肉が弱まり血流を悪化させ、各所に水分を溜めやすくしてしまうのです。水を溜めやすくなった身体は、当然むくみやすくなります。

ストレス太りは本当!?

よく聞く「ストレス太り」ですが、ストレスで過剰に食べてしまうことを指すだけでなく、ストレスホルモンによる代謝の低下によって、身体がむくみやすくなり、脂肪を溜め込みやすくなるからです。

過剰なダイエットは、それ自体がストレスになることもあり、その結果身体に危機があると判断しコルチゾールが分泌されてしまうことがります。水分を蓄積し、筋肉やタンパク質から糖を作り、脂肪へと変わっていきます。

身体を助けようとする働きではあるものの緊急的な事態に向いている働きのため、継続するとむくみを発生させ健康状態を悪化させる可能性があります。むくみやダイエットの停滞状態などでストレスを感じる場合もあり、さらにストレスホルモンが分泌され悪循環に陥るケースもあります。

ただのストレスと侮らず、疲れたと思ったらこまめにストレスを発散させる習慣をつけることがむくみにも健康にも大切になります。ただし、ストレスを発散させるために飲食を増やすと、塩分などの摂り過ぎでむくみやすくなることもあるので注意が必要です。

むくみ解消サプリを摂取してストレスも改善

ストレス発散が大切とはいえ、なかなかうまくストレス発散ができないこともあります。また、むくみ対策で食生活の改善などしたくても、制限された生活がかえってストレスとなることもあります。そんな時は、「ミネラル」を効果的に摂取することで、むくみやストレスの対策をしていきましょう。

「ミネラル」は水分や老廃物を排出することに役立つ栄養素です。特に、カリウムとマグネシウムはむくみやストレスに効果的と言われています。カリウムは利尿作用があり、水分を排出しやすくします。マグネシウムは、体内の水分バランスを整える働きに加え、抗ストレス作用があります。

むくみ解消サプリメントは、カリウムやマグネシウムなどバランスよく含んだサプリメントが多く、手軽に摂取できるためおすすめです。毎日こまめに摂取することで、むくみを解消し、あわせてストレスも溜めにくい身体を目指しましょう。

ストレスはむくみの原因に?むくみ解消にはミネラルの摂取がオススメ

ストレスとむくみは一見関係ないように見えますが、ストレスがたまるとストレスホルモンの影響で身体に水分が溜まりやすくなります。水分が溜まって、毒素などが排出されず老廃物が溜まると、むくみの原因になるだけでなく、疲れやすくなるなど健康面でも支障をきたす可能性があります。

疲れていることで知らずにストレスが溜まることもありますし、ストレスが溜まることでさらに疲れが出ることもあります。むくみは、そうした身体の不調のサインでもあり、むくみ対策をすることで身体の不調からくるストレスの改善にも役立ちます。また、ストレスをためないように気をつけることで、むくみや疲れの予防につながることもあります。

ミネラル摂取で、ストレスとむくみを改善

ストレスとむくみが相互に関係しているところがあるとはいえ、ストレスを溜めないというのはなかなか難しいのもです。まずは、効果的なミネラルをとることでむくみを改善・予防し、身体の不調からくるストレスを減らしてしていきましょう。

むくみには、利尿作用のあるミネラルや、体内の水分バランスを整えてくれるミネラルが効果的です。特に、カリウムやマグネシウムといったミネラルはストレスやむくみに良いとされています。

カリウムは、利尿作用があり、水分を外へ排出しやすくするミネラルです。マグネシウムは、体内の水分バランスを整えてくれるだけでなく、抗ストレス効果があることでも知られています。

むくみ対策サプリなどは、こうしたミネラルバランスに優れたサプリが多くおすすめです。サプリを積極的に利用することで、むくみやストレスの改善につなげていきましょう。

むくみの原因はストレスかも

ストレスとむくみの関係についてお伝えしましたが、むくみを気にしている人は、一度自分のストレスについて考えてみましょう。ストレスが溜まっていると感じたら、音楽を聞いてリラックスしたり、好きなことをしてリフレッシュするなど積極的にストレスを溜め込まないようにすることも、むくみ改善のひとつの方法です。

様々な影響を及ぼすむくみですが、放置せずきちんと対策することで、健康で楽しい毎日を送れるようにしましょう。

むくみの原因になる病気と日頃から気をつけたいポイント

塩分の過剰摂取や、ストレスなどで水分を溜めやすくなっている現代人にとって、むくみは身近な問題です。解消サプリや改善方法も豊富に出ていますが、ただのむくみだと思っていると、大きな病気に気がつかずに大変なことになることもあります。

むくみに気がついた時は、一度自分の体調もしっかり確認してみましょう。病気が原因でむくみが発生している場合には、むくみ以外にも気になることが出ている可能性があります。

肝臓・心臓・腎臓などの内蔵の病気

むくみに気がついてから体重の急激な増加がある場合には、内蔵の病気の可能性があります。むくみが気になりはじめたら体重も気にするようにしてみましょう。もし体重の急激な増加がある場合には消化器科や内科を受診するといいでしょう。

下肢動脈瘤の可能性

足のむくみが気になっている人は、足の動脈がコブのように膨らんでいないかチェックしてみましょう。特にふくらはぎ部分に現れやすく、午後から夕方にかけて症状が出やすいとされています。もし、コブができているようであれば外科や心臓血管外科を受診しましょう。多くはないですが、もし近くに血管外科がある場合には、血管外科の方がいいでしょう。

甲状腺機能低下症の可能性

むくみと同時に疲れや便秘、甲状腺の腫れが気になるようであれば、内分泌内科、または内科を受診してみるといいでしょう。甲状腺機能低下症は、女性に多い病気で、出産後に発症するケースもあります。また海藻の食べ過ぎで起こることもあるようです。

薬の副作用や病気の後遺症

日頃病院へ通っている人は、薬の副作用や病気の後遺症でむくんでいる可能性もあります。むくみが気になるようであれば、たかがむくみと思わずにかかりつけの医師相談した方がいいでしょう。

病院へ行くことになった時にために

病院へ行くことになった時、正しく状況を伝えられるように、むくみの状態はしっかり記録しておく方がいいでしょう。

どんな状況のときむくみが気になるのか、むくむ部位はどこなのか、発生時期や期間はどれくらいなのか、むくみ解消のために何か実践したことがあるかなど、日記や手帳に記録しておけば、何か不安なことがあったときすぐに病院で説明ができます。

記録しておくべきむくみの状態

色々と記録するのは手間ですが、病気であった時に医師に伝えることに役立つだけでなく、生活習慣やストレスなどで日頃からむくみやすい人にとっても、記録をつけることでむくみの状態を知り、放置せず解消を目指すひとつのきっかけにもなります。

また、実際に病気であった時には、むくみを引き起こす病気はたくさんあるため、詳細な情報があることで誤診を防ぐこともできます。

時間帯やシーン

むくみが気になる状況について、時間帯やシーンなどを記録しておくといいでしょう。場合によっては、直前の行動がむくみを引き起こしていることもあるので、何か特定のことをした後に起こるなど、状況をしっかり把握しておきましょう。

部位

むくむ部位について、特定の場所がある場合はその部位を確認しておけばいいのですが、全身がむくむ場合は、その中で特にどの部分が気になるかまで観察しておく方がいいでしょう。特に気になる部位がどこになるかによって病気が変わることもあるので、誤診を防ぐことができます。

期間

発生時期や期間について、むくみが続いている期間によっても考えられる病気が変わる可能性があります。むくみを感じはじめた日付を書いておくなどして期間もしっかり把握しましょう。

対応

むくみ解消のために実践したことについて、内容だけでなく期間や、その結果どうだったかなどもしっかり記録しておくといいでしょう。むくみ解消サプリやグッズを使用したということだけでなく、「アルコール摂取を控えた」など食生活や生活習慣の改善など、些細な取り組みについても記録しておくことで、医師に相談するときにスムーズに診察ができます。

むくみは、放置しないことが大切。

むくみは、比較的身近な症状に思えますが、体内バランスや身体への負荷がかかって調子をくずしているサインでもあります。日頃から生活習慣の改善やサプリメントの使用、適度なストレス解消などでむくみの改善・予防をすることで、大きな病気の時こそ気がつける身体作りをすることも大切です。

カリウムでむくみ解消?ハーブティーで手軽に摂る方法も。

現代人の食事は塩分が多く含まれており、普通に食事をしていても塩分を過剰に摂取しやすくなっています。塩分を過剰に摂取すると、体内のナトリウム濃度が高くなり、水を溜め込みやすくなります。体内ではナトリウムの濃度が高くなると濃度を調整しようとする作用が働き、一時的に体内に水分を溜めて濃度を下げようとします。そのため、水分が溜まりやすくなります。

ミネラルバランスの崩れで老廃物が溜まる

また、ミネラルバランスが崩れると、水分や血液が上手く循環しなくなり、老廃物が溜まりやすくなります。老廃物が溜まると、身体はむくみ疲れやすくもなります。特に、ナトリウムは塩分の過剰摂取だけでなく、カリウム不足によってバランスを崩すことがあります。

身体に水分や老廃物が溜まると身体がむくむ

身体に水分が溜まったり、老廃物が溜まると、人はむくみやすくなります。むくみは、見た目に影響が出るだけでなく、老廃物が溜まることで疲れやすくなったり、毒素が溜まって胃腸の調子が悪くなったり健康にも悪影響を及ぼします。

カリウムはむくみに効果的

カリウムは、利尿作用があり、身体のミネラルバランスを保つのに役立ちます。利尿作用によって水分を外へ排出することもでき、さらにナトリウムを体外に排出する働きがあります。塩分を過剰に摂取しやすい現代人でも、しっかりとカリウムを摂ることでバランスを保つことができます。ミネラルバランスが保たれると老廃物を溜め込みにくくなり、むくみだけでなく健康面の改善も期待できます。

カリウムはハーブティーやサプリメントで定期的に摂取

カリウムは、身体の中にとどまる時間が短いため、定期的に摂取する必要があります。食事からも摂取できますが、サプリメントで手軽に摂取することができます。また、コーンシルクというトウモロコシのひげ部分はカリウムを多く含んでおり、ハーブティーにして手軽に飲むことができます。コーンシルクはその効能から漢方にも利用されています。サプリメントやハーブティーなど手軽にとれるカリウムで、むくみ知らずの身体を目指しましょう。